読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TenForward

技術ブログ。はてなダイアリーから移転しました

cgroup namespace (2)

前回は /proc/$PID/cgroup ファイルが Namespace を反映した形で記載されているのを見ました。

とりあえずここまで。これだけだとすでにマウントされている cgroupfs はそのままの元のディレクトリ階層で見えるので、/proc/$PID/cgroup だけ見え方が変わっても意味がないような気がしますが、改めて cgroupfs のマウントを試すとエラーになりますし、どうするものなのかちょっとまだ見えてないので、またわかれば続編を書く予定です。

と書きましたが、試したところちゃんと cgroupfs も Namespace ごとに見えるようになったので紹介しておきます。前回何をボケて失敗していたのかわかりませんが、以下のように普通に簡単な処理をやっただけです。

  1. まずは "test01" cgroup を作成します (memory だけ)
    # mkdir -p /sys/fs/cgroup/memory/test01/
  2. 現在のシェルを "test01" の tasks に登録します
    # echo $$ > /sys/fs/cgroup/memory/test01/tasks
  3. namespace内の cgroupfs をホストから見て別のところにマウントするために、LXC コンテナ用のツリーを借ります
    # cd /var/lib/lxc/test01/rootfs/
  4. unshare で chroot を実行します
    # unshare -C chroot $PWD
  5. namespace 内で proc をマウントし、/sys/fs/cgroup を tmpfs でマウントします。これは特に不要な気がしますが
    # mount -n -t proc proc /proc
    # mount -n -t tmpfs none /sys/fs/cgroup/
  6. memory サブシステムを /sys/fs/cgroup/memory にマウントします
    # mkdir /sys/fs/cgroup/memory
    # mount -n -t cgroup -o memory memory /sys/fs/cgroup/memory/

マウントできたので、確認してみます。

# ls /sys/fs/cgroup/memory/
cgroup.clone_children               memory.memsw.failcnt
cgroup.event_control                memory.memsw.limit_in_bytes
cgroup.procs                        memory.memsw.max_usage_in_bytes
memory.failcnt                      memory.memsw.usage_in_bytes
memory.force_empty                  memory.move_charge_at_immigrate
memory.kmem.failcnt                 memory.numa_stat
memory.kmem.limit_in_bytes          memory.oom_control
memory.kmem.max_usage_in_bytes      memory.pressure_level
memory.kmem.slabinfo                memory.soft_limit_in_bytes
memory.kmem.tcp.failcnt             memory.stat
memory.kmem.tcp.limit_in_bytes      memory.swappiness
memory.kmem.tcp.max_usage_in_bytes  memory.usage_in_bytes
memory.kmem.tcp.usage_in_bytes      memory.use_hierarchy
memory.kmem.usage_in_bytes          notify_on_release
memory.limit_in_bytes               tasks
memory.max_usage_in_bytes

普通にマウントできていて、"test01" cgroup は存在しませんね。つまりここが cgroupfs のルートなわけです。

では、ここに "test02" cgroup を作ってみましょう。

root@enterprise:~# mkdir /sys/fs/cgroup/memory/test02
root@enterprise:~# ls -d /sys/fs/cgroup/memory/test02
/sys/fs/cgroup/memory/test02/
root@enterprise:~# ls /sys/fs/cgroup/memory/test02
cgroup.clone_children               memory.memsw.failcnt
cgroup.event_control                memory.memsw.limit_in_bytes
cgroup.procs                        memory.memsw.max_usage_in_bytes
  :(略)

/sys/fs/cgroup/memory 直下に test02 というディレクトリができて、中も普通にファイルができています。

"test02" にプロセスを登録して /proc/$PID/cgroup を確認してみましょう。

# echo $$ > /sys/fs/cgroup/memory/test02/tasks
# echo $$
8574
# cat /proc/self/cgroup 
14:debug:/
13:pids:/
12:hugetlb:/
11:net_prio:/
10:perf_event:/
9:net_cls:/
8:freezer:/
7:devices:/
6:memory:/test02
5:blkio:/
4:cpuacct:/
3:cpu:/
2:cpuset:/
1:name=systemd:/

ちゃんと Namespace 内の cgroup ツリーになってますね。

ここで、元のホスト上の Namespace から "test01" と "test02" を確認してみましょう。

$ ls -d /sys/fs/cgroup/memory/test01
/sys/fs/cgroup/memory/test01/
$ ls -d /sys/fs/cgroup/memory/test01/test02
/sys/fs/cgroup/memory/test01/test02/

作成した cgroup namespace の外では "test01" の下に "test02" がありますね。tasks ファイルも確認してみると、

$ cat /sys/fs/cgroup/memory/test01/test02/tasks 
8574

シェルの PID が登録されていますね。