読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TenForward

技術ブログ。はてなダイアリーから移転しました

libvirt 経由で lxc を触ろうと思いハマる (4)

Container

前回,一応隔離された環境で実行が可能になったけど,/proc/meminfo とか /proc/cpuinfo がおかしい (親環境の値が表示される) というのがあって,libvirt 経由で起動した場合だけなのか,lxc のツールキットを使っても同じかを確認してみました.

lxc の設定ファイルで

lxc.cgroup.memory.limit_in_bytes = 512M
lxc.cgroup.cpuset.cpus = 0

として lxc-start -n debian のように起動してみましたが,meminfo, cpuinfo を見たところ親環境の値になっていました.

念のため,親環境の /cgroup/debian/memory.limit_in_bytes ファイルを見ると 536870912 となっていたので,制限はかかっているようです (実際にメモリ使いまくっては確認してませんが).

この辺り,OpenVZ でも何も設定しないとこんな感じだったので,何か設定があるのか,まだそのような機能は未実装なのか次回調べてみましょう.